カレーに合うお米「華麗舞」1kg 1袋

  • カレーに合うお米「華麗舞」1kg 1袋

1,080円(内税)

購入数

カレー好きの日本人のために生まれたカレーライスがさらにおいしく感じられるお米

カレー好きの日本人のためにご飯お粒同士が固まらず、一粒一粒がルウに綺麗に混ざって、カレーライスがさらに、美味しく感じられるお米です。

「華麗舞」はカレー向けに開発された品種です。
炊飯米の表面は粘りが少なく、内部は「コシヒカリ」並みに柔らかいという特徴があり、日本のとろみのあるカレールウに良く合います。
カレーがおすすめですが、表面の粘りが少ない特徴を活かした他の用途も期待できます。

  • カレーに合うお米「華麗舞」1kg 1袋

カレーのためのお米「華麗舞」

カレーのためのお米「華麗舞」

日本人のカレー好きは、世界でも知られるところです。日本には、数多くのカレー店があり、また日頃から家庭でも多く食されています。お店や家庭ではカレールーにこだわり、美味しくする秘伝の材料を使ったり、作り方を工夫したりして、カレーは身近なメニューとして楽しまれています。
しかし、カレーライスのもう一つの主役であるお米には、どの程度こだわっているのでしょうか?

カレーライスを作るときどんなお米を使っていますか?
誰もが大好きなカレーライス、そんなカレーライスを最高においしくするために作られたカレーライスのためのお米とも言われているお米が「華麗舞」です。

通常のお米だとカレールウと混ざりネバネバ感が残ってしまっていました。
華麗舞は、お米表面の粘り気が少なく、表面はしっかりとしているものの内部は柔らかくもっちりとした食感で、米一粒一粒がパラパラに分かれ、粘り合うことがなく、カレールウにさらりと絡み合うのでカレーにぴったりなのです。

華麗舞は、その名と通りカレーのためのお米とも言われ「第11回 米・食味鑑定コンクール国際大会」では、特別優秀賞を受賞しました。
大会には、国内外の米産地から2,851点が出品され、華麗舞は「カレーに合うお米部門」で、特別優秀賞に選ばれました。

華麗舞はカレー以外のメニューにも大変相性が良くピラフやパエリア、タコライスなどお勧めです。

パエリア

また、パプリカや角切りのトマトなどの野菜と炒めた挽肉と目玉焼きを華麗舞にのせて食べる、「ガパオライス」は粘り気の少ない華麗(かれい)舞(まい)が炒めたひき肉とよく絡み抜群に相性が良いです。

「ガパオライス」

もう一つ代わりメニューとして我が家の食卓に登場するのが、炊きあがった華麗舞をカレー風味に炒めてコロッケにするライスコロッケで、ご飯の粒の食感が楽しめる一品となります。

華麗舞説明

『華麗舞』とは、カレー好きの日本人のために、カレーのルウと相性の良いご飯が炊ける品種として開発されました。

もともと柔らかく粘り気の強い日本型品種の米よりも、硬めで粘り気の少ないインド型品種の米の方がカレーにはよく合うと言われてき ました。しかし日本では、米に柔らかさや粘り気が求められる傾向が強く、インド型品種の米の人気が出ませんでした。
日本型品種とインド型品種を交配して育成した「華麗舞」は、ご飯の表面は硬く粘りや付着性は少ないのですが、内側は、普通の日本型品種と同等の柔らかさと弾ガ性を合わせ持つことに成功した品種です。
実際にカレールウをかけてみると、ご飯の粒同士が固まらず、一粒一粒がルウにきれいに混ざってカレーライスがさらにおいしく感じられます。

「華麗舞」を育成した、中央農業総合研究センター低コスト稲育種研究北陸サブチーム長の三浦清之さんは「この品種の育成を開始してから、現在まで27年かかっています。

『華麗舞』の場合のように、インド型品種と日本型品種の交配のように、遠縁の稲品種同士の交配の場合、形質が安定して、選抜ができるようになるまで、日本型品種同士の交配と比較して、約2倍の年月がかかります。
育成当初より、カレーに向く品種を育成しようとした訳ではありません。
インド型の多収品種である『密陽23号』と日本型の多収品種である『アキヒカリ』の交配により、両親を越える多収品種を育成することを目的としたものです。
しかし、インド型品種と日本型品種の多収性を併せ持たせることが難しく、試行錯誤を繰り返すうち、できた系統の食味を見てみたら、粘らないけれど、柔らかく弾ガ性があり、意外においしく、今までにない面白い米ができたことに気がつきま した」と説明されています。

華麗舞

華麗舞 華麗舞 華麗舞 華麗舞 華麗舞 華麗舞

五ッ星お米マイスターとは

お米マイスターマークまず、美味しいお米をお客様に提供するためには、お米を見極める事ができる「知識」精米をする「技」そして、「経験」が不可欠です。
その「知識・技・経験」を活かして美味しいいお米をお客様に提供できますと認められた人に与えられる資格です。

お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰する、お米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわばお米の博士号とも言える資格です。
三ッ星星お米マイスターは、筆記試験に合格すると取得できます。

五ッ星星お米マイスターは実技もありまして、お米の実物の判定や、玄米の精米の仕方などその内容は多岐に渡ります。

お店のメニューや要望をきき、そのお店にあったお米を納品させていただいたり、鮮度を保つ保管方法を紹介したり、美味しい“ごはん”の炊き方を案内したマニュアルなどを作らせていただくことなどもあります。

お米のソムリエ 米・食味鑑定士とは

米食味鑑定士お米のソムリエ 米・食味鑑定士は、米・食味鑑定士協会が、お米の「食味」「品質」「栽培法」を鑑定し、本当に美味しいお米、本当に安全なお米を見分け、お米の品質を格付けするにふさわしい人材の育成を目指し認定している資格です。

1,080円(内税)

購入数